人気女子プロゴルファータイプ診断 その1 #4スタンス理論

4スタンス理論が出たはじめた頃にプロゴルファーのタイプ別診断がネット上に公開されてかなり浸透しましたが、最近はまったくあたらしいものを見かけないので自分なりに診断してみたいと思います。

今日は3人。イ・ボミ、キム・ハヌル笠りつ子です。

 

まず「イ・ボミ」

f:id:qiantian01:20170201162952j:plain

歩く姿です。手はグー握りパームで握っている感じです。ヒザから下を前に振り出して重心は後ろにあるように見えます。

f:id:qiantian01:20170201163313j:plain

ボールを握るときもパームでしっかり握ります。

f:id:qiantian01:20170201163434j:plain

フィシッシュの後です。目線と顔の向き胸の向きが目標と正対(パラレル)しています。足は内旋して右ヒザは送っています。そして重心は後ろに残っています。

f:id:qiantian01:20170201163651j:plain

ピースサインは右ひじを支点に下から押し出しています。

簡単ですが以上の特徴から「イ・ボミ」はB1と診断しました。

 

次は「キム・ハヌル」です。

f:id:qiantian01:20170201164217j:plain

歩く姿は、前重心、後ろに蹴る歩き方で目標に正対して歩いています。

f:id:qiantian01:20170201164509j:plain

クラブを持つ手はフィンガー、姿勢がよく胸が進む方向に正対してパラレルタイプです。

f:id:qiantian01:20170201164804j:plain

ダウンスイングはベン・ホーガン的クラシックスイング。右ひじは脇につかず、両ヒザは外旋しています。

f:id:qiantian01:20170201165124j:plain

ピースサインはヒジが胸より高く、顔はカメラに対して直角向けています

(パラレル)。もし顔をカメラに向けずに目線だけカメラを見てたらクロスタイプです。

以上の考察から「キム・ハヌル」はA2と診断します。

 

次は「笠りつ子」です。

彼女のスイングは独特ですが、話し方やスイングのリズム・テンポからしてA2かなと予測できます。

f:id:qiantian01:20170201165739j:plain

歩く姿は前重心で後ろに蹴るように歩いています。パターはヘッドの近くをフィンガーで握っています。Bタイプがパターのこの部分を握ると前のめりになって変な歩き方になります。

f:id:qiantian01:20170201170227j:plain

ファイルを持っています。薬指、小指が伸びて手を直角方向(パラレル)にむけるようなしぐさです、

f:id:qiantian01:20170201170451j:plain

フィニッシュは完全に左サイド(前重心)に乗っています。

グリップはフィンガー。I字フィニッシュです。

f:id:qiantian01:20170201170620j:plain

f:id:qiantian01:20170201170659j:plain

ガッツポーズ、ピースサインも胸から上でパラレル方向に上げています。

以上から「笠りつ子」はA2と診断します。

 

時間があったらまた3人ずつ診断してアップしたいと思います。